うつ病と薬物療法、患者の抵抗感と特徴

メニュー
2. 食品
10. 中毒症状

うつ病、薬物療法の重要性

うつ病や躁うつ病の薬物療法は症状をおさえ、安定した状態を継続させるためのもの。
治療のなかで重要な役割をはたしています。

服薬を拒否していては、症状が落ち着かず、回復が遅れることにつながります。


薬物療法の効果

抗うつ薬などで抑うつ症状をおさえます。
服用から1~2週間ほどで効果が実感できることが多くなっています。

躁症状には気分安定薬などを使います。
抗うつ薬は躁症状を起こすことがあるのでさける場合が多いです。


患者の薬への抵抗感

診断が出た当初から抵抗なく薬を飲める人もいますが、なかには薬を飲むことに
対する拒否反応を示す人もいます。
心の病気であること、それを薬で治そうとすることに納得できないという心理が働くのです。

実際、薬は受け取ったが、飲みたくないために棚など目に入らないところに
しまってしまう人もいます。

「薬で気持ちが明るくなるわけがない」
「自分がうつ病だと思えない。薬なんて出してほしくない」
「医師も家族も薬を飲めと言うから従っているけど、飲まされている感じがして嫌だ」

など、診断を受け止めきれず、混乱しているときには、治療にも気が乗りません。
薬を出してもらっても、心から飲みたいとは思えないのです。


患者の医師への不信感

また「受診しても薬が出るだけ」という不満の声もあるようです。
患者さんの中には、医師が問診を簡単に済ませ、薬を出すだけだと言って不満を
もらす人がいます。
そのような短時間診療も、薬物療法への抵抗感や不信の一因となっているのでしょう。

治療経過がよければ薬を替える必要はなく、体調の確認と薬の処方だけでも十分なのですが、
それが患者さんにとっては「しっかりみてもらえなかった」という不満につながっているようです。

薬物療法では、医師に経過を確認してもらいながら、薬を飲み続けることが重要です。
その方針に不安や不満があるときは、医師に質問してみるのもいいでしょう。
医師は患者さんから真剣な質問があれば、診療を短時間で済ませようとはしません。

例えば「調子はどうですか?」と医師から聞かれて「調子はよくないです」と
答えるだけでは、医師に具体的な情報が伝わりません。
不満や不安があれば、それを聞くのもいいのです。
例えば「文句を言わずに薬を飲んでいるけど、ぜんぜん治らない。それをどう思っているのか」
というようなことを考えているなら、それを話せば薬の意味や効果を説明してくれる医師も
いるでしょう。

事例として、医師にはうまく不安、不満を言えなかったので、病院のスタッフにそれを
話したところ、「服薬記録をつくり、いつどのような体調不良があったか具体的に
伝れば、医師も答えやすい」と言われました。
そこでその人が服薬記録を実践してみたところ、記録を通じて意思とゆっくり
対話することができ、診療や薬への不信感はやわらいだ、ということもあります。