セロトニン不足とうつ病

メニュー
2. 食品
7. うつとの関連
うつ病との関連

うつ病になる主な原因は、強いショックやストレスが心身に掛かり、脳内の神経伝達物質の動きが鈍化することにあると言われています。
この神経伝達物質がセロトニンやノルアドレナリンです。
そのため、うつ病になるとセロトニンを増やす薬の治療が行われます。

市販薬ではトリプトファンという脳内物質を生成するために必要なアミノ酸を
摂取しますが、うつ病になってしまった人にはこれだけでは十分でないことが多く、
もっと直接的に増やす薬を投与します。

それがセロトニン再取り込み阻害薬と言われるもので、セロトニンは脳内に生成されると
次に生成されるまでは徐々に量を減らしていきます。
これはセロトニントランスポーターと言われる受容体がセロトニンを別の目的で
再利用しようとするため徐々に脳内では量が減ってしまうのです。

そこでこのトランスポーターの働きを弱め量が減らないようにする、結果脳内の
セロトニン量が増える事になるのです。
これだけ聞くとこの薬さえ使えばうつ病はすぐに治りそうですが、
そうはいかないようです。
確かに薬を投与すれば楽にはなるのですが、投与をやめると反動でうつ病が
加速することもあるため、長期的な経過観察が必要になるのです。