セロトニンの作用や増加する事の効果

メニュー
2. 食品
10. 中毒症状
 

1.ストレスの耐性

具体的にはセロトニンが増える事でストレスを受けても切れにくくなったり、
すぐに気持ちをおさえ自分をコントロールできるようになります。

それによって人や環境による影響をうけず生活しやすくなります。
逆に不足していると過去の事をひきずる事が多くなったり周りが気になって作業に
集中できなくなることが多くなります、


2.睡眠の質がよくなる

質のいい睡眠はセロトニンから作られるメラトニンが必須なためです。

具体的にはベットに入ってから入眠までの時間が短くなり、ちょっとした物音で
目が覚めたりせず短時間で深い眠りが得られ起床もしやすくなります。


3.鬱病のような精神病の回避

鬱病はセロトニン不足によって起こりますが、それ以外でもストレスに強くなることで
精神病にかかりにくくなる効果が期待できます。
精神が安定することで様々なことがうまくいくようになるでしょう。


4.意欲の向上

セロトニンが多く分泌されている状態は覚醒レベルが上がり元気でやる気が溢れています。
これが逆になると鬱病になり元気がなくなります。