セロトニンを増やす呼吸法のやり方

メニュー
2. 食品
10. 中毒症状
呼吸法でセロトニンを増やす

1.息を吐く時

 吸うときよりもなるべく時間をかけて吐くようにしてください。
 またお腹をへこませ限界まで吐ききるようにします。
 その後吐くときよりも2倍くらいの速度で吸っていきます。


2.息を吸う時

 吸うときよりは速くですが、それでもなるべくゆっくりと長い時間を
 かける事がポイントです。
 なるべくリラックスしておこなってくださいね。

 これらはいわゆる複式呼吸と言われるもので、セロトニン以外にも
 体にいい効果があります。
 時間のある時や落ち着きたい時に試してみてくださいね。


3.ウォーキング

セロトニン神経はレズム運動によって活性化されるのですが、リズム運動を
意識しなくてもできるウォーキングは非常にいいわけです。
そしてそのウォーキングにあわせて行う呼吸法があります。

ようは歩くのにあわせて呼吸をするというもので、やり方は
「足を一歩前に出す時に息を吐き、次の足を出すときに吸い、その次も吸う」
これを繰り返すものです。
足を出すタイミングに合わせて息を「吐く→吐く→吸う→吸う」と
意識しましょう。

これによってウォーキングと呼吸法、二つの手法からセロトニンを増やす
ことができるのです。